現場調査チェックシート|散水機.com

スプリンクラー散水について

散水計画の立案手順

芝生への散水 散水機 スプリンクラー

校庭、園庭に芝生を敷設する前に散水用のスプリンクラーを検討、設置が必須となります。数多くのグラウンドの自動散水化をお手伝いしてきたグローベンならではの経験と実績で条件にあった散水計画を立案致します。

システムの特長
・現場状況の確認。(敷地面積、緑化範囲、電源有無、給水量、給水圧など)
・スプリンクラー、コントローラーの選定
・計画図面の作成、お見積り

現場状況の確認

散水計画 灌水計画 潅水計画

運動場の大きさを教えて下さい。

運動場(グラウンド)の大きさから

計画や機種選定をします。

図面が無くとも、縦横の長さが

分かれば大丈夫です。

散水計画 灌水計画 潅水計画

水圧が分かると助かります。

スプリンクラー内部に水圧負荷が掛かると

普段は地面に隠れている放水部が

ポップアップ(飛び上がり)します。

水圧が足らないと充分に機能しません。

散水計画 灌水計画 潅水計画

Pa(パスカル=圧力の単位)

水圧(水の勢い)計測は、水圧計と言う

専用の計測機器を用います。

1MPa=1000kPaです。

スプリンクラーの選定

飛距離と本数を算出します。

グラウンドの短辺を参考に、使用する

スプリンクラーを決め、まんべんなく

水が掛かる様に配置します。

水量、水圧には限度があります。

複数のスプリンクラーを一度に全部開放するには膨大な水圧と水量が必要です。

無理な計画の場合、スプリンクラー自体が機能しない事も起こりえます。

電磁弁を複数設けて運動場をブロック分けし、順番に散水すれば大丈夫です。

コントローラー(制御盤)の選定

電源や機能で機種が選べます。

電源の有無や機能などから

最適のコントローラー機種を

選定します。

センサーオプションがあります。

風速を感知して、散水を停止し

スプリンクラーの飛沫や水滴が

強風に流されて、近隣の住宅や道路を

濡らすのを未然に防ぎます。

操作が簡単です。

コントローラーは操作が簡単なので

納入後に、常駐の施設管理の方で

設定変更を行う事も可能です。

操作は説明書や動画もございます。

計画図面の作成、お見積り

計画図面の作成を致します。

CADにて計画図面や商品画像を入れた

提案図面を作成致します。【下記参照】

※AutoCADを使用しています。

※提出にお時間を頂く場合があります。 

お見積りをさせて頂きます。

スプリンクラーや制御機器、関連資材、

参考労務費を平面図の計画を

元に積算致します。

ポンプ/貯水槽についても

ご提案させて頂きます。