学校向け散水機のご提案 |散水機.com

学校向け散水機のご提案

学校施設と自動散水

学校現場の暑い夏に欠かす事の出来ない自動散水システム。

散水機ドットコムでは規模に合わせて、スプリンクラーの機種や周辺機器の計画をさせて頂きます。場合によっては販売スタッフが現地にお伺いして、現場調査を実施。最適なプランをご提案させていただきます。

理想は埋設型スプリンクラーを一か所で制御するトータルコーディネートがオススメですが、もっと手軽に簡易的に散水を行いたいお客様に向けたご提案もございます。

どうぞ最後までご覧ください。

どのくらい暑くなっているのか?

 

右の図面が示すように、日本の平均気温は年々上昇しており、2020年は、調査を開始した1890年以降、一番暑い一年となりました。

このような気象状況の変化とともに、校庭冷却という用途で、各学校現場へのスプリンクラー導入の動きが加速しています。

気象庁の日本の年平均気温より 引用元

細線(黒):各年の平均気温の基準値からの偏差、太線(青):偏差の5年移動平均値、直線(赤):長期変化傾向。
基準値は1981〜2010年の30年平均値。

 

学校現場で、どのような問題が起きているのか?

散水機ドットコムには「砂埃を抑えたい」「人工芝のグランドにしたけど冷却したい」などのご相談が多く寄せられております。

よくあるご相談内容

「砂埃が酷く、近隣からクレームが来ている。なんとかしたい!」(千葉・大学教職)​

「年々、夏が暑くなってきており、授業の前に短時間でグランドを冷却したい。」(埼玉・小学校教諭)

「グランドを人工芝に張り替えたが、夏場の冷却が上手くいかない。」(愛知・中学校体育教諭)

「そもそも水撒きって先生の仕事なの?時間がない!」(埼玉・小学校教諭)

などが代表的な例です。

 

自動散水で校庭にできること

植栽への水やりは、重要事項の一つです
校庭緑化、園庭緑化も例外ではなく、雨が降らない時期などを考慮して、計画的に散水をしないと、部分的に枯れてしまったり、結果的に見た目が悪くなったり、かえって費用がかかってしまったりしてしまいます。校庭、園庭、を緑化する・・・という時点で自動散水をご検討いただくのが一番良いと思われます。もちろん散水機ドットコムでは既存の緑地帯への提案も行っておりますので、ご安心ください。

直射日光で高温になりやすい欠点があります。
天然の芝生ではないから、散水は不必要であると思われがちですが、人工芝は、下地が放熱しにくいコンクリートであったり、直射日光で表面が高温になりやすい欠点があります。そこで人工芝冷却の為に自動散水システムがおススメです。もともと自動散水用のスプリンクラーは平面に大量の水を撒くのは得意です。生徒さんを暑い夏から守りたい・・そういう想いで自動散水システムを導入する学校が増えております。

強風で砂塵が巻き上げられてしまいます。
スプリンクラーで定期的に散水すれば、防塵効果があり、近隣への被害を防ぐ事が出来ます。これは最近の導入実績の中で一番伸びている導入動機です。散水機ドットコムのスプリンクラーの中には短時間で大量の水を遠くまで撒ける、ハイスピードスプリンクラー(180°回転に65秒)というものがあり、大変便利、好評です。既存のグランドに簡単設置できる移動式スプリンクラーのご用意もございます。

新規プロジェクトも既存の物件へも、最良のご提案をいたします。

①とりあえず金額が知りたい!お急ぎの方!

水源の位置を記載した大体の寸法が分かる図面を散水機ドットコムまでお送りください。

弊社積算スタッフにて、図面にスプリンクラーを落とし込んでいきます。

②しっかりとした計画を立てて欲しい方!

散水機ドットコムまでご連絡ください。日程調整を行って現場調査を実施いたします。

プロスタッフが現地で水源水圧調査、飛散してはいけないエリアの確認などを行います。

注意:お見積書、計画図の提出にお時間をいただく場合がございます。

校庭への自動散水システム導入のお問い合わせはこちら!
校庭への自動散水システム導入のお問い合わせはこちら!
受付時間:08:30~17:30 ()

 

 

既存の校庭への導入について

理想と現実の違い

本来、自動散水システムはグランドの計画段階で散水計画を立案し、導入を行っていきますが、大抵の学校はすでにグランドがあり、その状態でご相談いただくことが多いです。つまり既存の状態への導入。そして新築時の予算に比べ、追加の予算は限られているのが現状です。

しかし、校庭が暑い、周辺地域へ砂が飛んでいってしまうなど、スプリンクラーの導入には待ったなしの状況が続いています。

既存のグランドにはどんなことができるのか?

このジレンマを解消する為に散水ドットコムでは
既存の水道設備を使い、簡単に接続して散水できる移動式スプリンクラーを開発しました。

散水機ドットコムの移動式スプリンクラーのメリット

①安い! ホースで接続するので、水道設備工事費用がかかりません。

②簡単! マチノ式継手で簡単脱着できます。また軽量なので持ち運び可能です。

③丈夫! 学校スペックを考慮して丈夫に作ってあります。

太い配管(40A~)の場合と通常の配管(20A~25A)に対応した移動式スプリンクラーをご用意
ノズルや本体は有名スポーツフィールドで採用しているものと同じモデルを、そのまま移動式にカスタマイズいたしました。

 

 

種類も豊富です。

散水栓やマチノ式ホースがあれば、どこにでも取り付けができます。使用しない時は収納できるので、埋設型スプリンクラーが設置し難い場所や、スポットで散水するのに適しています。

当社ではこのような先生方からの要望にお応えして学校施設向けの散水機をご用意しました。

と、その前に・・・・・最大のギモンがありますよね。 
「うちの学校って、散水機付けられるの?」

ご安心ください!
分からない場合は、専門スタッフがお伺いして確認します!

現場調査を実施して、最適のご提案をさせていただきます。もちろん工事費込みの見積もりも可能です。

導入のチェックポイント

導入するにあたって必要なポイントは、ズバリ水源の状態です。

お伺いさせていただいて、まず最初に水源を確認します。スプリンクラーを始めとする散水機にはある程度の水圧と水量が必要になります。こちらは現地にお伺いしたスタッフにお任せいただければと思います。

また井水(井戸水)を使われている現場については、くみ上げポンプの確認をいたします。また上水(水道水)を使っていたとしても、配管が細かったりした場合は、一度タンクをご用意いただき、そのタンクよりポンプで加圧してスプリンクラーへ水を送ります。

ポンプやタンクのご提案も、もちろんお任せください。

散水機ドットコムでは国内有名ポンプメーカーとタッグを組み、最適なポンプを選定いたします。

既存グランド・校庭への散水機導入は、こちらまで
既存グランド・校庭への散水機導入は、こちらまで
受付時間:08:30~17:30 ()